No.130 かぐらおか 忙中閑記–【京都新聞 朝刊 地域プラス「吉田山ファンタジア」4/17(火)~5/3(木) 6連載で吉田山の奥深いところを紹介。本館も。】

京都新聞5/3(木)朝刊
連載【吉田ファンタジア】紙面にて、
本館倉橋マンション&倉橋キッチンを紹介してます。思ったよりもたくさん。
学生さんやOBさんたちを中心に本館が続けてきたことが紹介されてます。ちっと照れますな。読んでみてね。(^ω^)ノ

いままでの掲載はコチラ。
【吉田山ファンタジア】
①②京都新聞4/17火・18水朝刊
吉田山を紹介。奥の深いところまでひも解いて。
本館も吉田山。ふもとにあるのだ。

③④京都新聞4/24火25水朝刊
吉田山荘となり宗忠神社のところに
伝説の高級料亭があったんだそうな。
西麓「白樺」ではシュピレヒコール兄さんたちの歌が。
本館から歩いて5分。ご近所さん。

⑤⑥京都新聞5/2水3木朝刊
谷川住宅は吉田山東中腹にある。品のある佇まいで往時の雰囲気を丸ごと残す。大正の実業家谷川茂次郎が一帯に良質の住宅地を整備した。谷川住宅には作家井上靖も住んだという。山中小路を登ると山上にオシャレな茶室がいくつもある。京都財界人や識者たちを茶会に招き、吉田山から東山・如意ヶ嶽(大文字さん)にかかる青月を愛でたのだろうか。2階建てのステキな山小屋風の建物が「茂庵」。

本館から歩いて5分。ご近所さん。

倉橋マンションは若者たちとともに歩んできました。紙面からも感じ取っていただけるとおり、若い星たちがそれぞれに輝く小さな宇宙のような雰囲気でやって来れたのは、ひとえに皆さんの支えとご協力のお陰です。感謝の気持ちでいっぱいです。有り難うございます。
これからもこのスタイルは続けていきます。今後ともどうぞよろしくお願いします。

https://www.facebook.com/yasuhiro.ishido/posts/1862160513850072

2018.0503吉田山ファンタジア06京都新聞あさ 2018.0502吉田山ファンタジア05京都新聞あさ 吉田山ファンタジア004_2018.0425 吉田山ファンタジア003_2018.0424 吉田山ファンタジア002_2018.0418 吉田山ファンタジア001_2018.0417

Comments are closed.

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログ記事カテゴリ別表示

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.