No.67かぐらおか 忙中閑記–本館OBで京大准教授【柴田先輩と話会&ごはんの会】7/30(土)夕方5時ごろから。参加の人は7/28(木)25時までに申込。楽しい会話とオイシイごはん。

徳島出張のおみやげ!!7/30(土)夕方の【柴田先輩と話会&ごはんの会】でいっしょにいただきましょう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

暑中お見舞い申し上げます。

【本館OBで京大准教授<柴田先輩と話す会&ごはんの会>】のご案内 !!!(リマインダー)
日時:7月30日(土)夕方5時ごろ~よる9時ぐらい。(会場設営12時から)
①5時ごろから…柴田先生ミニレクチャー&質疑/意見交換会 
(よい機会ですので名刺持ってきてね!)
②6時ごろから…ごはんの会(本館オリジナルカレー&サラダその他)
場所:倉橋マンション本館1階07号室TEL:075-752-2318
会費:一品持ち寄り(ご実家お袋さんの味&ふるさと逸品)歓迎。会場設営ヘルプ歓迎。ワンコイン(100円とか50円とか)投げ銭。
出欠:参加の人は、7/28(木)25時までに。メール、電話、または、直接大家にお知らせください。人数確認のため。
ゲスト:柴田 悠京大准教授(本館OB)
http://researchmap.jp/read0143826/   https://www.h.kyoto-u.ac.jp/acad…/faculty_f/113_shibata_h_0/
http://bylines.news.yahoo.co.jp/shibatah…/20160224-00054700/ (マツコ・デラックスさんに柴田先生が回答)

子育て支援が日本を救う

【柴田 悠】プロフィル
社会学者。1978年生まれ。京都大学で学士号・修士号・博士号を取得後、日本学術振興会特別研究員PDを経て、現在、同志社大学政策学部任期付准教授。 立命館大学大学院政策科学研究科等でも教育に従事。専門社会調査士。専門は社会保障論、親密性論、近代化論。近刊『比較福祉国家――理論、計量、各国事例』(鎮目真人・近藤正基編著、ミネルヴァ書房)で「イベントヒストリー分析――福祉国家の変容に関する因果分析」を担当。単著書籍 『子育て支援が日本を救う――政策効果の統計分析』 (勁草書房、2016年)

本館OBで京都大学(総合人間学部)准教授 柴田 悠さんが、7/30土の午後本館にやって来ます。 頭脳明晰はいうまでもなく、性格温厚で優しい。そのうえ、かなりのイケメンです。

で、【柴田先輩と話す会&ごはんの会】を開きます。
4月から入居の1年生や留学から帰国の方々、フツーにヒマな方々も集まって、
柴田先輩のおもしろい話とオイシイごはんを味わいながら交流を楽しみましょう。

ごはんメニューは、
いまのところ
夏野菜カレー(中辛マイルド)とか
よくあるサラダなどレシピ考案中。
徳島出張のおみやげもあります。
そのほか、
ドリンク類も、大家ハウス在庫のモノをご提供しますが、
大家好みのFood&Drinkとも偏りがありますのでご注意ください。

手の空いてるヒト、
会場準備や調理、盛り付けなど、お手伝いヨロシク。
アレンジなどお任せいたします。

持ち寄りも大歓迎です。
地酒、おつまみ、フルーツ、一品料理、
ご実家母上の手料理&ふるさとの逸品、
旅のおみやげなど。

OB柴田先輩(京大准教授)を囲んで気楽にやります。
どうぞよろしくお願いします。

なお、
食器にかぎりがありますので、スプーンとカレーのお皿、
お尻がイタクなるヒトはクッションorお座布団持参でお願いします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★☆
≪学生アパート倉橋マンション & シェアハウス倉橋キッチン≫
k4kurahashim@yahoo.co.jp
https://www.kurahashi-kyoto.jp/
https://www.facebook.com/k4kurahashim/
☆★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブログ記事カテゴリ別表示

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.